ページ

2020年7月23日木曜日

発酵黒豆エキスはどのくらい飲めばいいでしょうか?

Question

発酵黒豆エキスはどのくらい飲めばいいでしょうか?

Answer

1日の摂取量の目安である50ml~70ml程度(おちょこ1~2杯程度)をお飲み下さい。開封後は、冷蔵庫に保管し1ヶ月以内にお召し上がり下さい。

発酵黒豆エキスはいつ飲むのがいいでしょうか?

Question

発酵黒豆エキスはいつ飲むのがいいでしょうか?

Answer

朝でも就寝前でもいつ飲んでいただいて結構です。薬ではなく食品です。

肉がokだといっても脂身は避けたほうがいいでしょうか?

Question

肉がokだといっても脂身は避けたほうがいいでしょうか?

Answer

いえ、取らずに食べてください。肉の脂身には、必須脂肪酸がバランスよく含まれているからです。
間違った栄養指導のおかげで、脂肪が不足している人は少なくありません。実は、空腹感が強い人や皮膚が荒れている人は、ほとんど脂肪不足であることが多いのです。

ご自分や友だちをよく見てみると、肌荒れ用のクリームが手放せないという方は、脂肪を取らずに野菜ばかりの食事をしていませんか?肉の脂身が不足すると、おなかがすきます。それが、食べすぎにつながります。

「脂身を食べろ」と言うと、取りすぎを心配する人がいます。でも、取りすぎた脂肪は下痢になって出ていってしまうので、まったく心配はありません。下痢の便は水に浮かびますが、それは脂肪を多く含んでいて軽いからです。

健康のためには、足りないより食べすぎるほど食べたほうがいいのです。翌日、お肌のツヤがよくなると思うぐらい食べてみてください。植物性の脂肪より安全です。

発酵黒豆エキスがそれほど酸っぱくないのはどうしてですか?

Question

発酵黒豆エキスがそれほど酸っぱくないのはどうしてですか?

Answer

酸っぱいのは一般的に酢酸酢で、黒酢・バルサミコ・ワインビネガー等です。「発酵黒大豆搾り」は、煮た黒豆を米麹で発酵させたものです。酢酸酢とは違って、クエン酸とアミノ酸を中心にした酸味の少ない飲料です。

公式サイトにはも「ほんのりとした酸味はクエン酸がベースになっていますので、お酢のようなツンと鼻にくる匂いや刺激はありません。すっぱさが苦手な方でも無理なくお飲みいただけます。」と紹介されています。

2020年7月8日水曜日

なかなか体重が減りません

Question

なかなか体重が減りません

Answer

太った人は、栄養失調である場合がとても多いもの。つまり、肉や卵の摂取が不足しているということです。したがって、体の筋肉量や骨量がとても少ないのです。そんな人が肉と卵をたくさん食べ始めると、自然と筋肉量や骨量が増えて体重増につながる場合があります(筋肉が脂肪より重いことによる現象です)。
これは、健康的に体力がついただけなので安心してください。そのまま「よく噛む」ダイエットを続けると、やがて脂肪も順調に減っていきます。増えた筋肉と減った脂肪の差で、体重が決まるのです。

野菜を食べないと、バランスは大丈夫ですか?

Question

野菜を食べないと、バランスが狂うのでは?

Answer

食事のバランスを整えるという言葉の意味は、栄養成分表に書かれた、すべての栄養素を摂取するということです。

穀物・果物・野菜でそれをするのはほぼ不可能です。意外かもしれませんが、果物はそれほどビタミン類を含んでおらず、肉のほうが多く含んでいるのです。つまり、少なくとも栄養成分表に載っている栄養素を食事でそろえるためには、肉や卵を食べるのが最も簡単な方法だというわけです。
それ以外の栄養素では、たとえば、イソフラボンなども存在してはいますが、それらより先に栄養成分表に載っている栄養素をすべて摂取するほうが先決です。

野菜に関しても、以上と同じ考え方です。とはいえ、現実的に見て、野菜を完全に除いた食生活をしろというのはナンセンスな話。ですから、肉・卵・チーズを食べて必要な栄養素をすべて摂取してから、野菜を食べればいいのです。

発酵食品は体にとてもいいと思うのですが

Question

発酵食品は体にとてもいいと思うのですが

Answer

これは、サプリメントや健康食品と同じだと考えてください。肉や卵などの動物性タンパク質摂取が極端に少なかった日本人にとって、発酵食品は貴重なタンパク源でした。文明国となった現代日本では、肉や卵をいつでもどこでも買えますので、発酵食品よりも良質な動物性タンパク質が食べられます。ですので、発酵食品やサプリメントに頼るのではなく、肉やチーズから良質なタンパク質を摂取することをおすすめします。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろう | 便秘を解消しよう!
https://benpi-guide.net/contents/archives/418