ページ

2018年12月21日金曜日

腸内フローラ Q&A 一覧

腸内フローラに関する代表的なQ&A集です。

[腸内フローラ]節制してきたのに健診で異常値を指摘!どうする?

Question

節制してきたのに健診で異常値を指摘!どうする?

Answer

数値は異常でも、血管は知っていますから悲観しないでください

自分では生活に気をつけているつもりなのに、検査値が良くならない。だったら、好きなものを食べて好きなように暮らしたって一緒じゃないか!そんな風に投げやりになってしまうときもあるかもしれません。

でも、異常値には「ほめられるべき異常値」と「注意されるべき異常値」があります。たとえば、先天的に血糖値が上がりやすい人は、「優等生の生活″」を続けてもやっばり血糖値が高くなるもの。でも、気をつけているからこそ、今の数値ですんでいるのです。

「血管は履歴書」と紹介しましたが、超音波検査で動脈の状態をみると、生活習慣に気を配っている人は、たとえ血糖値がやや高くても、血管の老化はそれはど進んでいません。同じ血糖値でも、もともと上がりやすい体質なのか、上がりにくい体質なのに不摂生で高くなっているのかで、意味は違ってきます。

どちらが「ほめられるべき」で、どちらが「注意されるべき」かは一目瞭然ですよね。数値が正常値にならなくても悲観せず、気をつけているからこそ、管の老化から免れていることを忘れもはいでください。

2018年12月19日水曜日

[腸内フローラ]すごく体力がある人や 風邪なんてひかない人には どうやってもかなわない?

Question

すごく体力がある人や 風邪なんてひかない人には どうやってもかなわない?

Answer

誰でも逆転を起こせます。諦めないで!

便移植でまったく違う自分をめざすより、生まれた直後につくってもらった腸内フローラを最大限にいかしましょう」と言うと、こんなつぶやきが聞こえてきそうです。

最大限にいかしても、もともと良いものを持って生まれた人にはかなわないのでは?

そう思ってしまう気持ちはわかります。でも、そんなことはありません! 「逆転劇″」は必ず起きるんです。

たとえば、先はど、お肌を若く保ってくれる「エクオール」という物質をつくってくれる腸内細菌を持っている人と持っていない人がいると紹介しました。

単純に考えれば、その腸内紳菌を持っている人のほうがいつまでも若々しくいられるはずですが、その人が不摂生を続けていたら、いつのまにか腸も血管も老化が進んでしまって、お肌の紳胞に届く栄養も不足しがちになり、若々しいどころか、年齢以上に老けて見えるようになるでしょ う。

「裕福な家庭に生まれた子どもが、親の財産を使い果たす」というケースに似ていますが、不摂生をしていれば最終的には生まれつき持っていたアドバンテージを使い果たし、ゼロどころかマイナスになってしまうのです。男女の「逆転劇」もあります。

血管の老化は、じつは男性のほうが早くから進みやすいのです。なぜなら女性は、女性ホルモン「エストロゲン」によって、老化から守られているから。エストロゲンには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働き、血圧を安定させる働きがあります。

だから、エストロゲンの分泌が多い間は、血管が老化しにくい。実際、同年代の男女を比べると、女性の血管のほうが10〜20歳若いと言われています。

男性の場合、まだ働き盛りの40歳前後から、脳卒中や心筋梗塞などの血管の病気で倒れる人が少なくありませんが、女性にはあまりいません。それは、子どもを産むという大事な仕事を託されている女性を守るために、神様が授けてくれたプレゼントなのでしょう。ところが、更年期にさしかかりエストロゲンの分泌が減ってくると、それまで受けていた恩恵がなくなってしまうため、老化が進んでしまいます。

もしも、そのときにタバコを吸ったり、不摂生を続けていれば、血管の老化スピードはさらに加速するでしょう。ですから、更年期を過ぎたら、エストロゲンに守られていた頃と同じ生活をしていてほいけないのです。といっても、急に生活習慣を改めるのは難しいでしょうから、若いうちから気をつけるに越したことはありません。

どんなに良いものを持って生まれてきても、不摂生を積み重ねれば、そのしわ寄せはまず腸と血管に表れます。でも、

うれしいことに、いったん老化した膿も血管も、若返らせることができます。「腸内フローラは、食生活や生活習慣により、たった1日の間でも刻々と変化している…と看きましたが、血管も、悪い生活習慣を改めれば、すぐに効果が現れます。血管と腸管… …管は、いわば履歴書のようなもの。日々の生活にどれだけ気を配っているかが、如実に表れます。

更年期後の女性はエストロゲンが減少して動脈硬化が促進、血圧が上昇する 

2018年12月17日月曜日

[腸内フローラ]便移植って?

Question

便移植って?

Question

便移植は整形手術の領域になります

「便移植」という言葉、聞いたことはありますか?臓器移植とは、心臓や肝臓、腎臓などの重要な臓器が機能しなくなったときに、第三者から健康な臓器をもらって機能を回復させるという治療法です。

ほかの治療法では回復が望めないときに行われます。では、便移植とは?名前のとおり、便を移植してもらうという治療法です。ただ、便移植で移植したいのは、便そのものというよりも、腸内フローラです。

つまり、健康な人の便を病気の方の腸内にまき散らすことで、健康な腸内フローラを移植しようというもの。

便移植では、腸内フローラを1つの臓器のように捉えているのです。はじめて「便移植」の話を知った方は、かなり衝撃かもしれません。そして、一度聞いたら忘れない言葉です。

実際、いくつかの病気で、すでに治療が行われています。たとえば、クローン病や潰瘍性大腸炎などの難治性の腸の病気や、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」という死亡率の高い感染症などでは、ほかの治療法では良くならなかったり、再発してしまう場合に、日本でも便移植を行っている病院があります。

ところで「太った人の便を移植された人が太ってしまった」という事例を紹介しました。そのことを思い出して、「やせるには、やせた人の便を移植すればいいのでは? 」と思った方もいるでしょう。それはちょっと安易すぎるかもしれません。臓器移植が最後の手段として行われるように、難病の治療であっても、他の治療法では良くならないときに候補に上がるのが便移植です。

また、腸内フローラはひとりひとり違っていて、病気のなりやすさだけではなく、性格や体質にまで幅広く影響を与えていると紹介しましたよね。ということは、腸内フローラを取り換えるということは、ただやせるだけではなく、「あなたらしさ」まで失ってしまう 危険性があります。

便移植は、言ってみれば美容整形のようなものです。まったく違う自分になりたい人はいいのですが、「自分らしくいつまでも健康でいたい」 という人にはおすすめできません。

難病の治療は別として、健康やアンチエイジングのためには、生まれた直後につくられた腸内フローラをいかして、日和見菌たちが善玉として働くように努めてほしい。与えられたものを最大限にいかすことで、体は変わるのですから。

ダイエット、肥満解消には脂肪細胞の働かせ方が大事なポイント

2018年12月12日水曜日

[腸内フローラ]腸内だけがよくなってもダメなんじゃない?

Question

腸内だけがよくなってもダメなんじゃない?

Answer

腸に栄養を届けるのも、全身に栄養を届けるのも「血管」です

ここまで腸内フローラの話を中心にしてきましたが、大事な「もう一人の主役」である「血管」についてです。そもそも私たちの体を構成している37兆個といわれる細胞に、酸素と栄養を送り届けているのは、全身にくまなく張り巡らされている血管です。

だから、全身を若く保つには血管が大切なのは言うまでもありません。腸と血管の関係は、「エ場L」と「流通」「運搬L」のようなものです。工場でどんなにいい製品ができても、それを欲している私たちの手元に届かなければ満足は得られません。

それと同じで、全身の細胞を喜ばせるには、腸と血管の両方が大事なのです。腸(工場) で、食べ物から大切な栄養素をとり込んでも、また、善玉の腸内細菌が体にいいものを作りだしても、運び役の血管が全身の紳胞に届けてくれなければ、効果は発揮されません。

それから、最近、腸や腸内細菌の働きが注目されている、忘れられがちな視点があります。それは、腸のコンディションを支えているのは血管だということです。

腸は、小腸と大腸を合わせて7〜9メートルほどの長さの管です。食べ物の吸収を主に担っているのは小腸のほうで、その小腸の内側には、たくさんのひだがあり、その表面は「絨毛」という無数のこまかい突起で覆われています。

表面積を大きくすることで、栄養素を吸収しやすくしているのです。ちなみに、小腸の内側を平らに広げると、テニスコート1両分ほどになります。広い腸の壁に栄養を送り届けているのが、血管なのです。

「小腸で栄養を吸収する」とはいえ、腸の中から腸の壁に直接、栄養がしみこんでいくわけではありません。栄養は、腸管に張り巡らされている血管(細かくいうと、小腸の表面にある突起の内側を走っている毛細血管とリンパ管) の中に入っていくのです。

「テニスコート」を覆う芝が「腸」だとすると、地面・土が血管ということになります。土の状態が良くないと、長い芝は育ちません。どこかから良い芝を持ってきて構えても、土が健康でなけれぼ、すぐに芝はしおれてしまうでしょう。私たちの腸と血管も、これとまったく同じような「持ちつ持たれつの関係」にあるのです。
腸に絡みつくように無数の血管が伸びています。腸も臓器なので、血管によって養われているのです。「腸内細菌が大声と言われると、つい、腸の中の環境を良くすることばかりに注目し、「腸内環境が良くなれば腸が元気になるL」と考えてしまいますが、血管が元気でなければ腸は元気でいられません。逆も然りです。

腸が元気でなければ、血管も元気になりません。たとえば、血管にいいと言われるものを食べても、それがきちんと腸で吸収できるように分解され、腸で吸収されて、血管に入ってくるかどうかは、腸のコンディションしだいだからです。
腸のコンディションが悪ければ、いくら大切な栄養素でも吸収されずに、便となって体外に排出されてしまいます。
もったいないですね。

逆に、腸のコンディションが長ければ、吸収率が上がり、大切な栄養素がきちんと血管に入ってきて効力を発揮するようになります。血管の状態が良ければ腸も元気になり、腸が-空丸になれば血管もさらに良くなる。血管タグと腸管という〝菅つながり〃の2 つが、持ちつ持たれつの関係を保ちながら、全身の細胞を養っています。腸の中だけ良くなってもダメ。「腸と血管」という両方のケアが欠かせません。

便利生活は体を老化させてしまうことも大事なポイントです。 さらに、食物繊維を十分に食べていると悪玉菌も良い働きを開始する点についても同様です。

2018年12月7日金曜日

[腸内フローラ]乳酸菌、ビフィズス菌をとっていれば心配いらないの?

Question

乳酸菌、ビフィズス菌をとっていれば心配いらないの?

Answer

善玉菌をとるだけでなく、善玉菌が育つ環境が大事です

食生活で腸内フローラは変わる。悪玉菌よりも善玉菌を増やすことが大事。そう聞けば、真っ先に思い出すのが、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」ではないでしょうか?。

乳酸菌もビフィズス菌も、善玉菌です。よく「生きた乳酸菌、ビフィズス菌が腸まで届く」とうたったヨーグルトや乳酸飲料、サプリメントが売られていますよね。それらを見て、「生きた善玉菌が腸まで届いて、定着してくれるのかな」と思った方もいるでしょう。

残念ながら、それはありません。たとえ生きたまま腸に届いても、そのまま定着することはないのです。ただし、意味がないわけではなく、腸まで届いた乳酸菌やビフィズス菌は、腸管に良い刺激を与えて、善玉菌を増やす方向に働きかけてくれます。

ちなみに、それは死んだ菌でも同じです。腸に届くときに生きていても死んでいても、効果ははぼ変わらないのです。また、善玉菌を増やす方法は、善玉菌をとる以外にいろいろあります。

腸内細菌のためには死んだ善玉菌でもよい

2018年12月5日水曜日

[腸内フローラ]何を食べるかで腸内フローラを変えられる

Question

何を食べるかで腸内フローラを変えられる

Answer

一卵性双生児でも、腸内フローラは大きく違います。腸内フローラが変わると、遺伝の影響も変わります

Answer

基本のベースができるのは離乳期ですが、善玉菌・悪玉菌の割合は刻々と変わります

外見が一人ひとり違うように、腸内フローラもひとりひとり違います。では、どうやって腸内フローラはできるのでしょうか?

生まれる前、お母さんの体内にいる間は、じつは無菌で腸内紳菌は一匹も棲みついていません。産道を通って生まれ出てくるときに、母親の膣内にいる細菌が口や鼻から入ってきて、腸内フローラの形成がはじまるのです。

だから、自然分娩で生まれた赤ちゃんのはうが、お母さんの腸内細菌を受け継いでいます。その後、母親をはじめとした家族や医療関係者との接触、あるいは食べたもの、生活環境のなかでいろいろな紳菌と触れ合うことで、腸内に棲みつく菌も増えていきます。

赤ちゃんって、いろいろなものを手に取ってなめたり、ロに入れちゃったりしますよね。そうやって腸内細菌候補が集まっていくのです。ただ、ロから入ってきた細菌がすべてその人の腸内細菌として定着するわけではありません。ちゃんと選んでいるそうです。

そして離乳期のころには、その人のオリジナルの腸内フローラができあがります。そのときにできあがった腸内フローラベースになり、腸内細菌の種類は一生はぼ変わらないということです。

物心がつくだいぶ前、自分ではどうしようもないところで腸内フローラはすでにできあがっているわけですが、必ず良いものももらっています。
たとえば、幼少期にべットと暮らしていた人はど、アレルギーが出にくいという報告があります。その一因として、ペットと触れ合うことでアレルギーを抑えてくれる善玉の腸内紳菌をもらうからと考えられていますが、その菌がない人が不幸かというとそうとも限りません。
その菌をもらっていない代わりに、はかの良い腸内紳菌をもらっているはずだからです。

たとえば、ある腸内細菌は「エクオール」という物質をつくるのですが、これは女性ホルモンに似た構造をしていて、肌の健康を保ったり骨密度の低下を抑えたり、女性ホルモンの働きをサポートしてくれています。ところが、このありがたいエクオールをつくってくれる腸内細菌は、誰でも持っているわけではありません。持っている人と持っていない人がいる。だいたい2人に1人だそうです。

だから、前述のアレルギーを抑えてくれる腸内紳菌は持っていなくてもエクオールを作ってくれる腸内細菌は持っているかもしれないし、その逆かもしれません。ここに挙げたのはほんの一例ですが、そんな風に、悪いところもあれば良いところも絶対にあるものです。

それに何より、離乳期に腸内フローラのベースは決まるとはいえ、「善玉の腸内細菌を増やしていくか」は、その後の生活しだいです。

先はど、「太っているマウスとやせているマウスでは腸内フローラの傾向が違う」のですが、このことは人でも同じですが、さらにこんなことも分かっています。

太っている人が食事に気をつけて体重を減らしたら、腸内フローラも良い方向に変わったのです。つまり、生活習慣しだいで変えられるということ。しかも、たった1日のなかでも刻々と変化しているとも言われています。

花壇に同じ種をまいても、同じように芽が出て花が咲くとは限りませんよね。肥料を与えたり、定期的に水やりをしたり、ちゃんと手入れをしなければ育たない。腸内フローラもそれと同じで、最初に植えた種(腸内細菌) は同じでも、その後の手入れ(食生活なぼの生活習慣) しだいで、どんなお花畑になるかは変わります。

腸内フローラを整えるために便秘は解消しておかなければいけません。まずはイサゴールで!