ページ

2018年2月26日月曜日

[薬]服用時ニンニクを食べてはいけない

Question

服用時ニンニクを食べてはいけない

Answer

「風邪に効く」といわれている食品はたくさんありますが、その中でももっとも効くと思われているのはニンニクでしょう。実際、「風邪をひいたときはニンニクを食べて寝れば泊る」といって、その通りに治ってしまう人もたくさんいます。

しかし、風邪薬を飲んでいるときはニンニクは禁物です。理由は、ニンニクを食べると薬の効果が異常に高まるからです。というと、「やっぱり効くんだ」と思うかもしれませんが、ここで忘れてはいけないのが副作用です。ニンニクを食べると薬の効果は高まりますが、同時に副作用も高まってしまうのです。

風邪薬(総合感冒薬) には熱を下げたり、痛みを和らげたりする解熱鎮痛成分が入っていますが、この成分には胃を荒らすといった副作用があります。ニ ンニクにももともと胃の粘膜を荒らすという悪い面がありますので、薬の副作用とニンニクの性質が合わさると胃はたいへんなダメージを受けます。

胃が弱ってしまったら、思うように栄養がとれなくなります。そうなったら、どんなに其の作用が効いても体力は回復しません。結果的に風邪が長引くことになります。「風邪薬を飲んだときニンニクを食べてはいけない」というのは、このような理由からです。ニンニクが風邪に効くのも風邪薬が風邪に効くのもたしかです。

しかし、必ずしも「1+1= 2」とはならないのが人間の身体です。風邪の予防にニンニクは最適ですが、風邪薬を飲んだときは控えるようにしてください。
にんにくの有効成分アリシン

0 件のコメント:

コメントを投稿