ページ

2014年7月3日木曜日

スキンケアに関するQ&A集

オフィスでのトラブル救急ケア

オフィス内の冷暖房は思っている以上に肌への影響が大きいものです。それに、少なくても1日8時間はオフィスにいるわけですから、トラブルの発生もここがいちばん多いことになります。トラブルがおこったらできるだけすばやく、完壁にケアしましょう。

旅行中のトラブル

何時間も飛行機に乗りっばなし、そのエアコンディションのよくない機内で眠り、行った先では無理なスケジュールで睡眠不足。海外旅行では、肌の調子は快適なんていうほうがめずらしいくらい。とにかく旅行中は必ずトラブルがある、と思っていていいでしよう。

日中、屋外でのスポーツの「日焼け」は要注意

屋外でするスポーツなら必ず日焼けのことを考えなくてはなりません。でも、スキーで焼けるのと、マリンスポーツで焼けるのとでは焼ける部分も焼け方も違います。スポーツによる肌トラブルは、スポーツの種類別に、日焼け対策から考えましょう。ビフォーもアフターもパーフェクトにケアしたい。

自分だけのオリジナルスキンケアを考えた

自分の肌の性格を知ったうえで、またどんなトラブルをおこしやすいかなどをよく研究して、自分だけのスペシャルスキンケアのプログラムを作れば肌質はよくなります。特別なスキンケア用品は使わず、手軽にできます。きれいな肌を維持するには、こうした毎日の特別ケアが一番効果的なのです。

参考になるスキンケアの方法

最近、肌の調子がよく何のトラブルもありません。こんなときは何もしなくていいのでしょうか?

Question

最近、肌の調子がよく何のトラブルもありません。こんなときは何もしなくていいのでしょうか?

Answer

肌を過保護にしすぎてもいけません。トラブルがなく肌が調子のよいときに、スチームと冷水の温冷効果でトレーニング。血行をうながし、皮膚活動が活発になって、くすみがちな肌を助けてくれます。

パーティーが目白押しの年末。夜更かしが続いて起床時に顔がむくんでしまい肌色もさえません。短時間かで改善するには?

Question

パーティーが目白押しの年末。夜更かしが続いて起床時に顔がむくんでしまい肌色もさえません。短時間かで改善するには?

Answer

顔のくすみには原因が2つ考えられます。
ひとつは、クレンジンクの手落ちによる角質肥厚。これは夕方に多く目立つくすみです。朝、起きたときに気になるくすみは、顔の毛細血管の血行不良で、血の気がひき、全体に黄みがかるためにおこるものがほとんど。毛細血管の血行をよくするために、熱くした蒸しタオルと冷やしたタオルをそれぞれ交互に顔にあてると効果があります。

肌に水分補給は必須ですがスチームで水分補給はできますか?また使わない方法も知りたいです。

Question

肌に水分補給は必須ですがスチームで水分補給はできますか?また使わない方法も知りたいです。

Answer

スチームをじょうずに使うと、美容液や乳液の効美容液や乳液をたっぶり肌になじませたあと、お湯を入れた洗面器に顔をかざせば、吸収力がアップし効果が上がる。効果がさらにアップします。これは、毛穴が開いて吸収がよくなるため、手軽にしたいなら、バスタイムを有効的に使うのもいいでしよう。

夏用の化粧品、とくに乳液やクリームがいつも少♭残ってしまいます。賢く利用して、使い切るには?

Question

夏用の化粧品、とくに乳液やクリームがいつも少♭残ってしまいます。賢く利用して、使い切るには?

Answer

クリームでも簡単に保湿パックができます。夏用のクリームや乳液が残っていたら、ちょっと贅沢なクリームパックを試してください。肌をしっとりなめらかにして、潤いのある肌に。角質のコンディションをととのえます。肌をしっとりなめらかにして、潤いのある肌に。角質のコンディションをととのえます。

2014年7月1日火曜日

[スキンケア]一度指圧をしてもらったら気分がスッキリし、肌の調子もよかったんです。自分でできて肌にもいい指圧を教えて。

Question

一度指圧をしてもらったら気分がスッキリし、肌の調子もよかったんです。自分でできて肌にもいい指圧を教えて。

Answer

ポイント指圧で小ジワ、たるみも防いで血行促進できます。口のまわりも小ジワが気になるところ。中指で軽くおして離すを2~3 回くり返す。肌にハリとツヤをあたえる。できます。
指圧は、顔の疲れをとってハリをあたえる簡単なケア。メイクの上からでもできるのでぜひ覚えておきたいテクニック。とくにこめかみは重要なツボが集まっている部分。頭もスッキリして小ジウワも防ぎます。

[スキンケア]夏はやっばり小麦色の肌が理想。夏の初め頃から意識して焼くようにしてます。でもなぜかいつもムラになってしまいすがどうしたらいいでしょうか?

Question

夏はやっばり小麦色の肌が理想。夏の初め頃から意識して焼くようにしてます。でもなぜかいつもムラになってしまいすがどうしたらいいでしょうか?

Answer

老化した角質が積もり、ザラザラとした肌のままで日光に当たるとムラ焼けの原因になります。
焼く前に、ピーリンクやパックで肌表面のキメを整えることが先決。さらに、化粧水やクリームで肌に十分な潤いをあたえます。紫外線に当たると、どうしても水分が失われるので、事前の潤い補給は必須です。

[スキンケア]天気がよかったので、友人と海水浴。楽しかったけど、しっかり海で日焼け。肌が赤くほてって、よくねむれないほど。どうやったら元通りになりますか?

Question

天気がよかったので、友人と海水浴。楽しかったけど、しっかり海で日焼け。肌が赤くほてって、よくねむれないほど。どうやったら元通りになりますか?

Answer

鎮静効果のある化粧水や口- ションをたっぷり、肌にパッティングしてください。肌が赤くほてるのは、炎症をおこしている証拠だから、とにかく、冷やすことが先決。鎮静効果のあるキューカンパーエキス配合の力ーマインローションや、クールな感触の化粧水をたっぷりとコットンに浸して、肌が冷たくなるまでパッティング。

[スキンケア]夏休みの間に高原でテニス合宿をしました。合宿中の日焼けが原因で肌がかさかさ。よいケア方法はない?

Question

夏休みの間に高原でテニス合宿をしました。合宿中の日焼けが原因で肌がかさかさ。よいケア方法はない?

Answer

お休み前のパックと、美容液が、肌に潤いをとり戻してくれます。ナイトケアは、ダメージ肌の回復を早めるのに欠かせません。まず、クレンジンクと洗顔料のダブル洗顔で昼間の汚れを落としたら、化粧水で水分補給をし、美容液で油分を補って、シミ、ソバカスを防ぐスポットパックをするのが理想的。
カサつきがひどければ、デイケア用の美容液もおすすめ。

[スキンケア]夏に浜辺でビーチバレーを1日中していましたが肌の疲れがとれずに元に戻りません。

Question

夏に浜辺でビーチバレーを1日中していましたが肌の疲れがとれずに元に戻りません。

Answer

紫外線に当たると、肌の水分量が奪われるだけでなく、細胞を作っているアミノ酸量も減少します。そのため、肌の老化が早まり、さらに、スポーツをすると、体力も消費するため、肌の疲れがとれるまでに時間がかかります。
スポーツの前後には肌に十分な水分と油分、ミネラルなどの栄養をあたえます。食事でもミネラルをたっぷり補給し、体にいい油を摂るようにします。

[スキンケア]スキーでの日焼けは海より手強いと聞きましたがその理由と予防方法、アフターケアの方法を教えてください。

Question

スキーでの日焼けは海より手強いと聞きましたがその理由と予防方法、アフターケアの方法を教えてください。

Answer

紫外線は海抜が1000m高くなるごとに10~20%強くなります。また日光の照り返しは、砂浜だと28% なのに雪だと即〜∽ %もあります。スキー場では絶対に日に焼かない決意が大切。
隠せるところは、ウエア、帽子、手袋、ゴーグルなどで隠し、出ている部分はとにかくまめにパウダー・フアンデや日焼けどめを塗り直し、夜はストレスにさらされた肌に潤いをあたえ、肌を守nソましよう。