ページ

2018年3月30日金曜日

[健康と病気]休肝日は週に1回でOK?

Question

休肝日は週に1回でOK?

Answer

医学の進歩によって、肝硬変と肝臓ガンがお酒の飲みすぎによって起きる病気ではなく、ウイルスによって引き起こされる感染症だということがわかりました。

また、胃潰瘍や胃ガンも、お酒ではなくピロリ菌という細菌が原因であることがわかりました。長い間、お酒は肝臓や胃の病気の原因とされてきましたが、これは冤罪だったわけです。

しかし、いくら肝硬変や胃潰瘍の原因は他にあるといっても、毎日お酒を飲んでいいわけではありません。毎日お酒を飲んでいてはいつか身体を壊します。もっともストレートにお酒の影響を受けるのは、やはり肝臓です。

そこで、肝臓を壊さないようにするにはどうすればいいかですが、答えは簡単で、「休肝日」をつくることです。

休肝日とは文字通り、お酒を飲まないで肝臓を休ませてあげる日です。具体的にどのくらい休めばいいかというと、週に48時間と考えてください。「休肝日」という考え方はアメリカやヨーロッパにもあり、西欧では「週に2 日」といわれていますが、

日本では「週に1 日」で十分です。なぜかというと、日本人にはアメリカやヨーロッパの人たちと違って、昼間からお酒を飲む習慣がないからです。毎日、昼間からビールやワインを飲んでいる西洋人の場合は、休肝日を2 日とらないと48時間肝臓を休めたことにはなりません。しかし、日本人の場合は昼間はお酒を飲まないので、一晩お酒を抜くだけで、結果的には48時間肝臓を休めることになります。

週に1晩くらいなら、誰でも我慢できるはずです。長くお酒を飲みつづけるためと思って、週に一晩はお酒を控えてください。もちろん、毎日、昼間からお酒を飲んでいる人の場合は、日本人でも「週2 日」の休肝日が必要です。

2週間の禁酒が脂肪値を半分に | 血管はもっと若返る

0 件のコメント:

コメントを投稿